吸血鬼の歴史に詳しくなるブログ

吸血鬼の形成の歴史を民間伝承と海外文学の観点から詳しく解説、日本の解説書では紹介されたことがない貴重な情報も紹介します。ニコニコ動画「ゆっくりと学ぶ吸血鬼」もぜひご覧ください。

MENU

「新編 怪奇幻想の文学2 吸血鬼」発売と、ニコニコ動画で「謎の男」の作者判明の経緯解説の動画を投稿しました

本日、2022年12月1日に、新紀元社より「新編 怪奇幻想の文学2 吸血鬼」という吸血鬼アンソロジーが発売されましたので、その宣伝を。今年は5月に「吸血鬼ラスヴァン」、6月には東雅夫編「吸血鬼文学名作選」(いずれも東京創元社)と、今年は吸血鬼イヤーともいうべきほど、吸血鬼アンソロジーが発売される年であり、その最後が本日発売されました。


その中で個人的に一番注目していたのが、カール・アドルフ・フォン・ヴァクスマンの1844年の「謎の男」でした。これはずっと作者不詳として紹介され続けてきた作品であり、ハヤカワ文庫から1980年に発売された「ドラキュラのライヴァルたち」に収録された際も、当然作者不詳として紹介されました。作者が解明したのは、2010年のことです。その作者判明の経緯は、今年4月に当ブログで紹介させて頂きました。

www.vampire-load-ruthven.com
www.vampire-load-ruthven.com

そんな思い入れのある作品が、本日発売の「怪奇幻想の文学2 吸血鬼」に収録、しかも作者をきちんとヴァクスマンとして公開するということで非常に楽しみでした。作者判明の経緯はブログで解説済みでしたが、今回のアンソロジー発売に合わせるべく、昨日11月30日にニコニ動画でも解説動画を投稿したので、ぜひご覧になってみて下さい。そして本日、件のアンソロを入手したのですが、非常に気になることが書かれていました。



続きを読む

アメリカ版「浦島太郎」として有名なリップ・ヴァン・ウィンクルにまで捏造に手を染めていたピーター・ヘイニング【捏造疑惑シリーズ⑩】

シリーズ目次(クリックで展開)吸血鬼小説『死者よ目覚めるなかれ』の作者はティークではなくて別人だった!本当の作者とは!?
(ヘイニングの不正を知る前の記事)
女性作家による最初の吸血鬼小説「骸骨伯爵、あるいは女吸血鬼」が捏造作品だったことについて
古典小説「フランケンシュタインの古塔」はピーター・ヘイニングの捏造?他にもある数々の疑惑
ホレス・ウォルポールの幻の作品「マダレーナ」が、別人の作品だった
女性で最初に吸血鬼小説を書いたエリザベス・グレイという作家は存在していなかった
ドラキュラに影響を与えた作者不詳の吸血鬼小説「謎の男」の作者が判明していた
ドラキュラのブラム・ストーカー、オペラ座の怪人のガストン・ルルーに関する捏造
吸血鬼小説「死者よ目覚めるなかれ」の作者を間違えたのは、ピーター・ヘイニングではなかった?
吸血鬼小説「死者よ目覚めるなかれ」を1800年作と紹介してしまったのは誰なのか
【追補】吸血鬼小説「謎の男」の作者判明の経緯について
⑩この記事


生前、いくつもの古典怪奇小説を「発掘」「新発見」したとして有名になった、イギリスのホラー・アンソロジストの故ピーター・ヘイニング。彼は、その数々の「新発見」の実物を見せることはなく、その「新発見」した大半(もしくはその全て)が、彼による捏造である可能性が極めて高いと考えられている*1。ヘイニングの厭らしいところは、彼の捏造疑惑にはその殆どに逃げ道があり、彼の捏造であると完全に断定できないところだ*2。だが肝心のヘイニングも2007年に亡くなっているから、問いただすことはもうできない。これまでの記事を見てきた方にはお分かりになろうだろうが、彼の主張のせいで誤った説が長年流布してしまった。そして多くの研究者が多大な労力をかけて検証している。それを考えれば、彼の所業はもはや許してはならないとさえ思っている。


そんなヘイニングの疑惑は、私が知りうる限りのことはこれまでに記事で紹介した。以前、流石にもう打ち止めだろうと言ったが、また彼の捏造疑惑案件を発見してしまった。しかもそのうちの一つが吸血鬼の短編であるから、このブログの趣旨としては紹介せざるを得ない。そして判明した彼の捏造だが、アメリカ版浦島太郎として有名なリップ・ヴァン・ウィンクルについてまで捏造していたことを発見、これにはもう驚くしかなかった。最初その言及を見つけたとき、「リップ・ヴァン・ウィンクルほどの著名な作品を捏造なんてしたらすぐにばれるから、いくらヘイニングでもそんなことはしないだろう。流石に書き込んだ人の勘違いかなにかでは?」と思ったぐらいだ。だが実際調査したところ、ヘイニングは私の想像の斜め上のことをやらかしていたことを掴んだ。ということで、今回もヘイニングの数々のやらかしについて紹介していこう。最初はヘイニングの不正以外のことも言及していく。それは日本では知られていない吸血鬼作品の話題が含まれているため。このブログの趣旨と、そして何より個人的興味を引いた為、話の流れに沿って紹介させて頂くので、どうかご容赦願いたい。

*1:単純にヘイニングが間違えて紹介した可能性もあるが、それならそれで多くの作品で紹介間違いをしたことになる。そうなると彼の調査手法は非常にいい加減で、裏付けは一切取っていないということになり、また見直しもしていないということになる。一つ二つならまだ調査ミスで済むだろうが、あれだけ多く間違えているのであれば、まず彼による捏造であると疑ってかかるべきだろう。

*2:逃げ道があるといっても、肝心の証拠がない以上、実際はヘイニングの主張は根拠・証拠がないとしてつっぱねることができる。ただ彼の主張は嘘であると完全に断ずることもできないが。

続きを読む

【追補】吸血鬼小説「謎の男」の作者判明の経緯について【ピーター・ヘイニングの捏造疑惑⑨】

シリーズ目次(クリックで展開)吸血鬼小説『死者よ目覚めるなかれ』の作者はティークではなくて別人だった!本当の作者とは!?
(ヘイニングの不正を知る前の記事)
女性作家による最初の吸血鬼小説「骸骨伯爵、あるいは女吸血鬼」が捏造作品だったことについて
古典小説「フランケンシュタインの古塔」はピーター・ヘイニングの捏造?他にもある数々の疑惑
ホレス・ウォルポールの幻の作品「マダレーナ」が、別人の作品だった
女性で最初に吸血鬼小説を書いたエリザベス・グレイという作家は存在していなかった
ドラキュラに影響を与えた作者不詳の吸血鬼小説「謎の男」の作者が判明していた
ドラキュラのブラム・ストーカー、オペラ座の怪人のガストン・ルルーに関する捏造
吸血鬼小説「死者よ目覚めるなかれ」の作者を間違えたのは、ピーター・ヘイニングではなかった?
吸血鬼小説「死者よ目覚めるなかれ」を1800年作と紹介してしまったのは誰なのか
⑨この記事
アメリカ版「浦島太郎」として有名なリップ・ヴァン・ウィンクルの捏造


www.vampire-load-ruthven.com


 以前、吸血鬼小説「謎の男」の作者が、作者不詳ではなくカール・アドルフ・フォン・ヴァクスマンであることを解説したが、今回はその追補となる記事。上記の記事では海外のネット掲示板の書き込みを情報ソースとしたが、その大本となる書籍によるソースを発見した。


 実は今年6月には既に入手済みであったのだが、他にも色々やることがあるので後回しにしていた。ところが、今年12月1日に紀田順一郎・荒俣宏編による「新編 怪奇幻想の文学2 吸血鬼」(新規現社)において、その収録内容に「謎の男」が作者ヴァクスマンとして収録されることが本日アナウンスされた。なので急遽、つい後回しにしていた「謎の男」の作者判明の経緯の大本となる情報ソースを、今回紹介していく。一応これまでの簡単な経緯も改めて説明するが、できれば以前の記事をご覧頂いてから、この記事をご覧頂きたい。

続きを読む

マルシュナーのオペラ"Der Vampyr"(吸血鬼)のドイツ・ハノーファー版と他の公演の比較動画の紹介

Der Vampyr

 ハインリヒ・マルシュナーが1828年に作ったオペラ"Der Vmpyr"(吸血鬼)、当ブログやニコニコ動画で散々紹介してきました。特に2022年1月に複数の公演のものを比較する動画を投稿していたのですが、その立った2か月後、新たなものが上演されましたので、今回これまでのものと新規のものを比較する動画をニコニコ動画にあげたので、それをご紹介します


 ドイツのハノーファー国立歌劇場で2022年3月25日に上演開始、3月26日上演のものが2022年9月25日(日)19時までの期間限定で、Youtubeで公開されました。以前も紹介したように、日本を、フジヤマ、ハラキリ、ゲイシャの国と勘違いしたクソみたいなアレンジもあり、それはブログのみならずニコニコ動画ではとくに反響があったものです。下記の画像のように今回は一見インパクトはないように見えますが、数々のオリジナル要素があり、一部見どころがあると言った感じです。詳しくは動画をご覧頂いた方が早いかと思います。


どれもオペラ「吸血鬼」に登場する吸血鬼ルスヴン卿


Michael Kupfer-Radecky
ハノーファー版のルスヴン卿

続きを読む

【書評】『吸血鬼ラスヴァン 英米古典吸血鬼小説傑作集』(東京創元社)の簡単な内容紹介と感想

吸血鬼ラスヴァン

 前回、2022年6月に発売された東雅夫編「吸血鬼文学名作選」を紹介しましたが、今回は2022年5月30日に東京創元社より発売された「吸血鬼ラスヴァン 英米古典吸血鬼小説傑作集」:夏来健次/平戸懐古・訳を紹介します。これはいまや吸血鬼のスタンダードとなった1897年のブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」以前の吸血鬼作品に焦点を当てて刊行された吸血鬼アンソロジー。日本ではこれまで紹介すらされたことがない作品も含まれています。吸血鬼の元祖はドラキュラではなくて、ポリドリのルスヴン卿であると言いたくて、ニコニコ動画やこのブログで吸血鬼の啓蒙活動をしている私にとっては、まさに願っても無い一冊。吸血鬼の歴史的にはかなり貴重なものと言え、こんなニッチな企画をしたものだと、ただ驚くばかりです。私はハードカバー版と電子版(kindle)の両方、迷わず購入しました。今回はそんな「吸血鬼ラスヴァン」の簡単な紹介と感想を述べていきたいと思います。都合上ネタバレしていくので、気になる方はご注意を。


続きを読む

「吸血鬼文学名作選」(東雅夫編)に、当ブログが紹介されました【レビューもあり】

吸血鬼文学名作選



 2022年6月30日、創元推理文庫から東雅夫編「吸血鬼文学名作選」が刊行されました。東雅夫氏はこれまでにも、「血と薔薇の誘う夜に」:角川ホラー文庫(2005)、「ゴシック名訳集成 吸血妖鬼譚―伝奇ノ匣〈9〉」:学研M文庫(2008)といった吸血鬼アンソロジーを送り出してきましたが、今年になって久々に吸血鬼アンソロジーを刊行されということになります。


 その「吸血鬼文学名作選」ですが……なんと今回このアンソロジーにおいて東雅夫氏が、参考すべきサイトとして当ブログをご紹介して下さっておりました!!


 こうしてニコニコ動画やブログで吸血鬼の啓蒙活動をしてきてよかったなと思えた瞬間でした。自慢話となってしまいますが、簡単に事の経緯を紹介していきたいと思います。勿論、吸血鬼を解説する当ブログの本旨として、収録された作品のレビュー・感想も簡単にだけ紹介していきます。

続きを読む

切り裂きジャックは自首して逮捕されていた!?研究者すら知らなかったその犯人を本邦初公開!

前回・前々回の記事
www.vampire-load-ruthven.com
www.vampire-load-ruthven.com


 前回、アイスランド語版とスウェーデン語版のブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」である「闇の力」を解説してきた。アイスランド版もスウェーデン語も、その実態を研究したのは、吸血鬼ドラキュラの世界的な団体に所属しているオランダ人の研究者、ハンス・デ・ルース氏だ。彼は、スウェーデン語版のドラキュラは、作者ストーカーの許可を得ずして勝手に改変した海賊版である可能性が高いこと、そしてアイスランド版はそのスウェーデン語版からかなり省略して翻訳したものであることを、2021年にブラショフ・トランシルヴァニア大学の紀要論文として発表した。


 そんなデ・ルースは調査の途中で、ある興味深いことを突き止めていた。それはアイスランドやスウェーデンの当時の新聞を見てみると、あの切り裂きジャックが自首して逮捕されていたという報道記事を見つけていたことだ。これの何が凄いのかというと、切り裂きジャックとされた人物は何名もいるが、その逮捕されたという人物は、切り裂きジャックの研究者すら把握していなかったという事実だ。


 そんな切り裂きジャックに関して、研究者ですら知らない容疑者がいたという件は、当然日本で紹介する人は見たことがない。こんな面白い話を紹介しないというのは、なんとももったいない話だろう。ということで、当ブログの吸血鬼を紹介するという趣旨からは外れるが、歴史から忘れ去られた「自首して逮捕された切り裂きジャック」について紹介していきたい。


続きを読む